スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

    12月の読書。~恩田陸~

    6月から始まった読書。
    意外と習慣化されて趣味の一つとなりました!

      6月 宮本輝

      7月 石田衣良

      8月 伊坂幸太郎

    とブログでも紹介してきました。
    8月以降は伊坂幸太郎三昧でした!
    出版されてる8割くらい読んだかも。
    それもこれも、伊坂幸太郎さんの場合、
    前の作品の登場人物がちょこっと顔を出すことが
    しばしばあるので、それを見つけるのが楽しかったんです。

    そして、今月は新規開拓ということで『恩田陸月間』です。

    六番目の小夜子

    この六番目の小夜子が恩田陸さんのデビュー作です。
    途中、本気で怖くなるところもありました。
    が、それだけリアルに感じられ面白かったです。

    象と耳鳴り
    そして、こちらはさきほどの『六番目の小夜子』の主人公のお父さんが
    主人公となっている短編小説をまとめたものです。

    私はやっぱりこういう作品と作品がつながっているのが、
    より登場人物に愛着が持てて好きなようです♪

    ちなみにどれもこれも図書館の本です。
    なんて便利なんでしょう!
    ヤミツキです★

    1クリックお願いします
         ↓

     
    もひとつクリックお願いします
         ↓




    スポンサーサイト

    2007年12月10日 | 本・映画など | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。