スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

    読書。 ・・・流転の海  宮本輝・・・

    流転の海 (新潮文庫)流転の海 (新潮文庫)
    (1990/04)
    宮本 輝

    商品詳細を見る
     
    今年の4月に流転の海(第1部)を読みました。
    第1部と言っても中途半端な終り方ではなかったので、
    そのまま第2部を読まずいました。

    地の星 (新潮文庫―流転の海 第二部)地の星 (新潮文庫―流転の海 第二部)
    (1996/02)
    宮本 輝

    商品詳細を見る


    そして、10月にそう言えば「流転の海」が第1部でそのままになってたことをふと思い出して
    (遅すぎっ(-_-;))
    読み始めました。
    それからは一気に第5部まで。

    血脈の火―流転の海〈第3部〉 (新潮文庫)血脈の火―流転の海〈第3部〉 (新潮文庫)
    (1999/09)
    宮本 輝

    商品詳細を見る

    天の夜曲―流転の海〈第4部〉 (新潮文庫)天の夜曲―流転の海〈第4部〉 (新潮文庫)
    (2005/03)
    宮本 輝

    商品詳細を見る

    花の回廊―流転の海〈第5部〉花の回廊―流転の海〈第5部〉
    (2007/07)
    宮本 輝

    商品詳細を見る


    もちろん、第1部からずっと話はつながっています。
    内容は主人公の熊吾の半生で時代は戦後です。

    この流転の海の第1部は1984年に発行されていて
    第2部はなんと8年後の1996年。
    その後も3~5年のペースで1冊ずつ発行されています。
    第1部から第5部までなんと23年!

    こんなに長く年月をかけて描く主人公の熊吾の半生は、
    宮本輝さんの半生でもあるのかなぁと思ってきたりします。

    宮本輝さんの本は時代背景もリアルでそのときの経済状況、外交関係、そして哲学
    すごく勉強になるし考えさせられることもよくあります。
    そして、特にこの流転の海はなんだかどっしり入ってきました。

    実は完成されていなくて第6部で完結するそうです。
    まだ発行もされていないので、本当に楽しみです。

    宮本輝さんのHP見つけました→コチラ

    クリックお願いします
         ↓

     
    もひとつクリックお願いします
         ↓




    スポンサーサイト

    2008年12月10日 | 本・映画など | こめんと 4件 | とらば 0件 | とっぷ

    コメント

    もう出版されていたのですね!

    早速買いに行かねば。
    家族全員読んでいます。
    4部までは読んで、第5部まで楽しみにしていて、2周読みしてしまいました。
    ヒラネーゼさんオススメの「約束の冬」も「草原の椅子」も読みましたよ。
    宮本輝さんの魅力の経済、外交、哲学
    にもう一つ、自然の描写が神秘的で好きです。
    「約束の冬」の空飛ぶ蜘蛛や
    「草原の椅子」のフンザの桃源郷
    昔読んだ芥川賞の「螢川」の蛍の飛ぶ様子はそこに私はいないはずなのに、
    ハッキリと目に焼き付いています。
    今はリリーフランキーの
    「ボロボロになった君へ」を読んでいますが
    読み終わったら楽しみにしている
    宮本輝の
    「ひとたびはポプラに臥す」
    を読みます。
    楽しみ~
    あ、その前に「花の回廊」を読みます。








    2008年12月10日 / naococo #-URL編集

    「流転の海」は文庫が出た当時に読みました。
    が、続きがなかなか出なくて
    出たときには内容を覚えてなかったので
    もういいやと思って買いませんでした。
    そうかー、いよいよ完結なんですね。
    私は宮本輝さんは「青が散る」がすごく好きでした。
    初めて読んだのは学生時代だったのですが(何回も読んでます)
    1人の学生の大学生活4年間が描かれていて
    大学生の自分と重ねて読んだので
    余計によく感じたのかもなーと思います。
    ちなみに宮本輝さんの家は私の実家のすぐ近くにあります。

    2008年12月10日 / tomomo #G9UbUgIMURL編集

    naococoさん

    そうですね、忘れてました。
    自然の描写は本当にすごいです!
    行ったことのない異国の風景も思い描くことができますよね。
    ちょっとした旅行気分を味わえるのも宮本輝さんの魅力ですね。
    次回作で完結と思うと寂しいですが、どんな終わり方をするのか楽しみです。

    2008年12月11日 / ヒラネーゼ #-URL編集

    tomomoさん

    宮本輝さんのおうちとご近所なんですね。
    すごい豪邸なんでしょうね。
    流転の海はすごくオススメなので
    是非また第1部から読んでみてください!
    今、tomomoさんが最近読まれてた東野圭吾さんの
    『赤い指』読んでます♪

    2008年12月11日 / ヒラネーゼ #-URL編集

    コメントの投稿



    管理者にだけ見せる

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。